構造検討

2018/04/04 - 旭岡 大改装の家

解体が進み構造材(骨組み)だけになってきたので大工とプレカット工場担当者と私とお客様で現場で構造材をどのように活用し、補強や交換をするかの作戦を練りました。

4月20日頃から大工工事始められそうです。

 

骨組み

2018/03/27 - 旭岡 大改装の家

解体作業もかなり進み住宅の骨組みがだけになってきました。

活用する構造材(骨組み)と新たに補強する部分の検討をします。

 

内部解体ほぼ完了 構造材の検証

2018/03/06 - 旭岡 大改装の家

室内からの解体がほぼ完了して構造材が良く見えるようになったので改装工事設計図面と見比べながら構造材の検証をしました。

思っていたよりも構造強度不足のようなので補強工事をしながらの改装工事となりそうです。

折れていた梁

2018/02/03 - 旭岡 大改装の家

解体作業が進んでいますが大きな梁が真ん中でボッキリ折れていました。

解体前に2階の床が下がっている箇所があったので何か不具合はあるかと思っていましたが大梁が折れているとは思いませんでした、でも基礎が下がっていたり土台が腐っていることに比べれば梁を入れ替えればいいだけなので確実に直せるのでよかったとも言えます。今度はもっと大きな梁に入れ替えるのは言うまでもありません。

 

 

雪下ろし

2018/01/20 - 旭岡 大改装の家

旭岡は旭川市内の中でも豪雪地域です、外壁解体の為に足場を組んでいるのですが屋根の雪が一気に落ちたら足場が壊れてしまうので屋根に上って雪下ろしをしました。屋根は急勾配と緩勾配で へ の字型なので今回は急勾配部分を雪下ろしして一安心です。

屋根の上ると胸の高さまで雪が積もっていて家の強度にもかかわってくる程の量でした下から順に切り崩しながら落としました。

今日は冷え込んでいたので落雪の心配はありませんが気温の高い日や天気の良い日の午後は落雪の危険があるので雪下ろしはやめましょう。

12