窓の水切りと庇の防水板金加工

2019/12/16 - 東川町東2号の家

窓は壁中央に納める箇所と壁の外側につける箇所があります、写真はリビングの比較的大きな窓なので窓重量を躯体で支える意味もあり壁中納めですので、屋外側の窓下にに水切りを作り、南側の窓なので窓上には庇を作り、それを板金でまいて防水加工します。

 

階段の下地

2019/12/16 - 2019名寄の家

今回の階段は下部分を収納に使うタイプですので下地を壁に埋め込んで踏板と蹴込板を組み込む形です。

完成すると見えなくなる階段を受ける下地の造作です。

 

つくば里山住宅博

2019/12/14 - 藤井工務店のシゴト

 

2年振りに茨城県の実家の母の様子を見て、笠間稲荷神社にお詣りして。行ってみたかった つくば里山住宅博にいきました、一昨年行けなかった神戸での里山住宅博の関東版です。

地元の真面目な工務店が丹精込めて建てた木造住宅が沢山あり数件の内覧をさせてる頂きました、丁度スキップフロア、半地下、等のプランを考えている時でしたのでとても参考になる家をみれました、また大工の手仕事と木材に大変こだわりを持った工務店さんの家も丁寧な説明を頂きながら見せて頂きました。地域は違えども当社と同じ仲間が頑張って建てた家を見る事には学びがいつも多いにあります。

玄関小屋根のアスファルトシングル葺き

2019/12/14 - 東川町東2号の家

窓も木製玄関ドアも付いて玄関とウッドデッキの小屋根アスファルトシングル葺きもできました。北側と小屋根は雪が滑り落ちない屋根素材のアルファルトシングル材です、グラスファイバーとアスファルトで出来た下地材に天然の小石を表面に張り付けているのでそのザラザラで雪の滑りを防ぎ、雪の無い時季は天然素材の小石の質感が綺麗な仕上がりになります。

窓展

2019/12/13 - 藤井工務店のシゴト

窓をめぐるアートと建築の旅 窓展 を東京国立近代美術館で観ました。

窓の設計は建築にとっても絵画にとっても重要度が高いものです、この窓展では絵画に留まらずにアートと建築について様々な手法での展示があり興味深いものでした。

どこに窓をつけて外の景色を取り込むか、如何に美しく住宅に窓を配置するか、悩ましいですが、家のクオリティと住みての満足度を高める為に考え続けます。

庭園と建物が素晴らしい根津美術館と東山魁夷展の山種美術館も巡りました。

*撮影可能な絵画である事の確認をとって撮影しました。