車庫兼物置

2020/03/10 - 東川町東2号の家

住宅の大工工事が完了して車庫兼物置の仕上げに掛かっています。

構造は完了していましたが物置の外壁下地として構造用合板のOSB合板を張り、防水透湿シートを張って唐松外壁を張る準備をしています。

住宅では唐松外壁の下地に防火石膏ボードを張りましたが、物置は人が住む訳ではないので外側に防火石膏ボードは張りませんが室内側からの耐火性能を確保する為に室内石膏ボードを張ります。

*訂正 車庫の外壁面にも防火の為に耐火石膏ボードを張りました。

 

 

耐火の石膏ボード

2020/03/10 - 藤井工務店のシゴト

付加断熱のグラスールが入りその外側に耐火用の石膏ボードを張ってから防水透湿シートを貼ります。

外壁を今度も唐松板にするので下地での防火することで安全な建物になります、敷地境界までの距離がある程度離れていれば法的に問題はないのですが住宅地での施工の場合防火石膏ボードを張ることが求められるので今回は張ることにしました。

今までは付加断熱に外張りの発泡系断熱材を用いていましたがこれは防火性としては危険です、唐松外壁にもしも火が付いた場合には直ぐ下地の発泡系断熱材に燃え移り短時間で大きな火災になることがあります、その為に当社ではグラスウール断熱材を基本としています。今回は外壁の下に防火石膏ボードを張り、105mmのグラスールと50mmのグラスールを張ってその奥に発泡系断熱材を隠したので簡単には燃え移りません。

 

ベース(基礎底部)生コンクリート打設

2020/03/09 - 2020美瑛の家

4月並みの暖かさの日にベース(基礎底部)の生コンクリート打設ができました。

それでも夜には氷点下になるのでブルーシートで覆い隠して加温養生をします。

 

 

モルタル外壁の下塗り

2020/03/09 - 東川町東2号の家

最高気温が10℃にもなる暖かい日になったのでモルタル壁の下塗りを行いました。

明日から雨が降りそうな予報なので今日中に下塗りを完了させてしばらくおいておいて、モルタルの硬化と乾燥収縮が落ち着いてから仕上げ塗りの予定です。

 

付加断熱材

2020/03/09 - 藤井工務店のシゴト

 

元々外張りしていた発泡系の50mm断熱材を付加断熱下地の枠の中にカットして詰めてから50mm厚と105mm厚のグラスウールを詰めて205mm厚の付加断熱層を作り、躯体の100mm厚の断熱材と合わせて305mm厚の壁断熱層を作ります。

本当は105mm厚のグラスウールを2重に入れるところですがまだ使える発泡系断熱材を捨てるのも惜しいので再利用します、躯体のグラスウール従来は100mm厚でしたが今では105mm厚となっています。