屋根断熱1枚目

2020/04/29 - 2020東川ウエストヴィレッジの家

室内からの屋根通気層を設けてから屋根断熱材1枚目の140mm厚高性能グラスウールを入れています、2枚目を入れる前に電気配線をしてもらいます。

屋根通気層

2020/04/29 - 2020美瑛の家

今回から屋根断熱の上の通気層を室内側から専用通気部材の(通気くん)を使って30mm厚の通気層を作ります。

以前は輸入材の規格サイズで一番大きな2BY12材(286mm厚)の屋根タルキの内部で280厚の断熱層を作ることから屋根タルキの上に透湿防水シートを張ってから30mm厚木材を打ち付けてから野地板を打っていましたが、今回からは北海道産の180mm+130mm(合計310mm)厚の屋根タルキとしたので同じ280mmの断熱層を設けても危険な屋根上での通気層作りせずに安全な室内からの作業ができるようになりました。

 

車庫物置の折版屋根

2020/04/28 - 2020東川ウエストヴィレッジの家

車庫兼用物置は鉄板の凹凸で強度を保つ折版屋根を葺きます、三角屋根の場合もありますがコストを考えるとこの折版屋根が屋根下地を作る必要が無いので有利になります。

屋根の勾配は2/100程ですのでほぼ平らです、屋根の端にはこれから木製の破風板を取り付けて鉄板の凹凸は見えなく仕上げるので木製車庫の雰囲気は壊しません。

板金の色は「素地」を基本としています、この素地というのはガルバニウム鋼板のメッキ素地の色で素材感があり木の素材とも良く調和します、着色の折版屋根もありますが上面だけが着色されていて良く見える下面は白っぽい塗装色になるので自然素材との調和が悪いと感じます。

 

玄関ドア・外壁下地

2020/04/28 - 2020美瑛の家

木製玄関ドアが取り付けできで直ぐに傷がつかないようにベニア板で養生します。

外壁の唐松板を張る為の下地も進んでいます。

 

木製ドア搬入

2020/04/27 - 2020美瑛の家

木製玄関ドアを現場に搬入しました。

上半分がスリガラスの木製ドアです。