膨張タンク

2019/02/20 - 2018東川グレースヴィレッジの家

この白い丸いものはボイラーに床下で接続する膨張タンクという部材です、暖房の不凍液を各機器に問題なく送る為に必要なもののようです。

明日美装ですが間に合うのか少し心配ですが、いつも設備やさんはこんな感じのペースで仕事をしてくれているので大丈夫だと思います。

*完成見学会は2月23日(土曜日)10時~17時です。

ご案内ハガキが届いていない方で見学ご希望の方はご連絡ください。

daiku-fujii@plala.to

 

 

屋根の通気層

2019/02/19 - 2019キトウシの家

屋根の上には通気層を設けます。

屋根タルキの厚みで断熱をして、その上に透湿防水シートを張ってから30mm厚の木材を打つけてから野地板を張って屋根を葺きます。

通気層には軒先から外気を取り入れて屋根頂点から排気できるようにします。

この通気層の目的は屋根に積もった雪を融かさないことです、どんなに断熱を厚くしても室内の熱は若干逃げます、そうなると屋根表面に積もった雪が融けて軒先で冷えてツララになりそれが大きくなると軒先にダム状態になり上から融けた水が溜まりスガモリ(雨漏り)となります。そうならないための通気層です。特に無落雪屋根のアスファルトシングル素材を葺く場合にはこの施工が大変重要になります。

 

天井裏も床下も

2019/02/19 - 2018東川グレースヴィレッジの家

設備機器の取り付けと配管接続作業が進んでいます。

ユニットバスの天井の点検口から天井裏での接続箇所を施工したり、床下では排水管の接続や井戸のポンプを設置したりしています。

*完成見学会は2月23日(土曜日)です

木部オイル塗装と壁の角の補強

2019/02/19 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

室内の木部(窓台、柱、梁、建具枠、フローリング、巾木、手すり 等)は全て天然のクリアオイルを塗装します、壁の仕上げ塗ぬりをする前に汚れ防止の意味もあり塗装しておきます。

壁の角は補強材をパテを使って塗り込んで角が欠けにくいように補強しておきます。

 

薪ストーブ

2019/02/18 - 2018東川グレースヴィレッジの家

薪ストーブ本体の設置は煙突を繋ぐのと同時に、給気ダクトも接続します、外気を地下を通して少し加温した空気にしてダクトの結露を防ぎます。

ストーブは2次燃焼装置が付いていて燃費が良く、排気の浄化能力もある北欧のモルソー社製です。側面のリスのレリーフが特徴的です。

*完成見学会は2月23日(土曜日)です