気密郵便受け Air-tight mailbox

2018/12/03 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

郵便受けに新聞などが入った状態だと外気がどんどん室内に入ってしまいます、それが氷点下20度以下いもなる真冬だと室温もどんどん下がってしまいます。ですから屋外に郵便受けBOXを設置する方も多いのですが、寒い冬の朝に新聞を取り出だしに行くのは億劫なものです。

そこで気密郵便受けです、室内側にBOXを作り小さな気密ドアを造りそれをあけてから新聞や郵便物を取り出します、屋外側はステンレス製のデザインの良い受け口です。

When newspapers etc are in the mailbox, the outside air goes into the room steadily more rapidly, when it is in the middle of winter when it is below freezing temperatures, the room temperature also goes down rapidly. So there are many people who set up a mailbox BOX outdoors, but going to take out the newspaper in the cold winter morning is a big deal.

So there is an airtight mailbox, making BOX on the inside of the room, making a small airtight door, opening it and taking out newspaper and mail items, the outdoor side is a good reception for stainless steel design.

カラマツ外壁1枚目の隙間 Gap between the first larva of the larch tree

2018/12/01 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

カラマツ外壁1枚目の幅は100mmそれを50mmづつ隙間を空けて張ります、2枚目も100mm幅のカラマツ板を張って隙間をかくすようにして凹凸のある表情を作ります。

The width of the first wall of the larch is 100 mm It stretches it with a gap of 50 mm at a time with a gap, the second piece also stretches a 100 mm wide larch plate to make a gauging look like a gap

 

2階壁

2018/12/01 - 2018東川グレースヴィレッジの家

2階の壁は屋根の傾斜にそって角度がつくのを合わせてはります、下にずり落ちないように足で、テコの原理を利用して持ち上げながらビスで固定しています。

 

雪の晴れ間 Snow Clearance

2018/11/30 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

昼間でも氷点下の気温になり雪も降り続いていますが一時の晴天です。

外壁のカラマツ板はりが進んでいます。

It is freezing temperature in the daytime and snow is also continuing but it is temporary fine weather.

The lararch board of the outer wall is advanced.

 

外壁塗装2回目の前に養生

2018/11/30 - 2018東川グレースヴィレッジの家

今回は外壁唐松板に当社オリジナル調合のグレー着色塗装をするので窓等に養生をしてから2回目の塗装を行います。