アスファルトシングル葺 Asphalt Single Roofing

2018/11/29 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

太陽光発電パネルが載る屋根は長尺板金ですがそれ以外は雪を落とさないアスファルトシングル葺です。

雪が落ちないので自由度の高い設計とできますし、落雪事故も起きず、更には自然な表情も魅力です。

The roof on which the solar power generation panel rests is a long sheet metal, but otherwise it is an asphalt single roof that does not drop snow.

Since snow does not fall, it can be designed with high degree of freedom, snowfall accident does not occur, and even natural expression is attractive.

薪ストーブの煙突

2018/11/29 - 2018東川グレースヴィレッジの家

薪ストーブの煙突を途中まで取りつけました。

断熱2重煙突は室内から屋根の上まで1本の長い煙突です、それを室内と屋根の上から取り付けて完成まじかには室内からの作業だけで完了できるようにしておきます。

 

薪スートブのメンテナンス

2018/11/28 - アフターフォロー

薪ストーブはメンテナンスをしながら長く使い続けられるものです。

上部写真はバーモントキャスティングス社の排煙浄化装置の触媒です、2年程使うと左のようにボロボロになってしますので右の新しいものに取り換えます。

部材費は2万円程かかりますが誰でも簡単に交換できます。

多くの薪ストーブではこのような交換を必要とする触媒は使っていません、でも費用が掛かかる触媒を使ってはいますがバーモントキャスティングス社製のストーブは排煙の浄化性能は高くて弱火で長時間燃え続けられる高性能調整機能が魅力です。

これはヨツール社の薪ストーブ天板から煙突への接続部材の破損です、10年程使っていてこの部分では初めての破損ですが、どうしても温度差が激しくなる燃焼庫内やこのような部分の劣化は仕方がないと思います。

交換部材は長期間メーカーが供給してくれるのメンテナンスしながら長く使い続けられます。

吹き抜けの壁

2018/11/28 - 2018東川グレースヴィレッジの家

斜めの壁になる吹き抜けの石膏ボード張りは3次元に角度が変わるので手間暇をかけながら丁寧に施工します。

 

外壁唐松はりが始まりました The larch boarding of the outer wall began.

2018/11/28 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

外壁のカラマツ板張が始まりました。

外壁材を縦に張るのでその下地材は横に施工しました、外壁の裏側の通気層は下から上に空気を流します、外壁の1枚目の間を50mm程度開けて張るのでそれが通気層となります。

Since the outer wall material is stretched vertically, the foundation material was applied sideways, the ventilation layer on the back side of the outer wall flows air from the bottom to the top, because it extends the space of the first piece of the outer wall about 50 mm and stretches it It becomes a layer