給水配管

2021/03/10 - 2021旭岡の家

ユニットバスの壁を塞ぐ前にユニットバスと脱衣室の給水・給湯配管を設置しておきます。

2階の壁

2021/03/09 - 2021旭岡の家

1階と同時に2階の壁石膏ボードはりも進んでいます。

ここは吹き抜けなので仮床を敷いての作業です。

1階壁はり

2021/03/05 - 2021旭岡の家

壁の石膏ボードはりです、通常厚の断熱材の場合は壁の中での結露を防止する為に室内側に防湿シートを張りますが、300mm壁断熱なので屋外側で連続した防湿シートを張っていますので室内側はそのままグラスウールの上に石膏ボードを張ることができます。

コンセントBOXや配線なども気にすることなく施工できるので気密性の向上にもなります。

 

屋根裏

2021/03/04 - 2021旭岡の家

基本的に2階の天井は屋根勾配に合わせて最大限空間を生かしますが、今回2階にあるユニットバスと脱衣室の上は屋根裏として隠します。

それでも屋根面で断熱と気密を完結しているので室内の温熱環境の空間です。

ユニットバスはこれから壁で囲います。

天井と熱交換換気装置のダクト

2021/03/03 - 2021旭岡の家

1階の天井はなるべく梁が見えて天井高さが高くなるようにしていますがダクトが通る部分は他よりも少し天井が低くなります。

梁を横断するダクトも迂回させて梁を削ったりはしなようにします、熱交換換気装置のダクトは太いのでいろいろ手間はかかりますがエネルギーロスを最小限に抑えてゼロエネルギー住宅にするためには必要なことです。