太陽光発電のこれから

2019/07/02 - 太陽光発電

SONY DSC

太陽光発電については最近、固定価格買取制度の終了の報道がされて皆さんどういうことなのか心配していませんか。この固定買取制度は住宅の太陽光発電でできた電気を自家使用できなかった余りを北海道電力が10年間一定の単価で買い取る約束をした契約制度です、制度ができた当時は1KWh当たり48円や44円といった高額でしたが年々単価が下がり今年は26円となっています。固定買取の終了というのは10年間の約束の期間が過ぎたご家庭の高額な買取価格が終了するという話ですので、これから契約するご家庭は単価は低いですが10年間一定価格で北海道電力が余剰電力を買い取ってくれることに変わりはありません。

でも買取価格が下がって今までのような太陽光発電を設置しての金銭的メリットがなくなってきているのでは?と思っている方もいると思います、ですが太陽光発電の設置費用がずいぶん安くなってきているので、上の写真は2013年設置の時は3.3KW分の太陽光発電の設置でしたが下の写真の2018年では7.3KWと2倍以上の容量の設置をしても設置費用はほぼ同額です。2013年の買取価格は1KW当たり38円でした、2018年は28円です。買取価格は3割程度下がりましたが設備設置費用は55%も下がっているので2018年の方がむしろ金銭的なメリットも高まっていますし、住宅のゼロエネルギー化も進んでより地球環境に負担を掛けない暮らしができるようになってきています。

今後も太陽光発電の買取価格は下がりますが、それに相応して太陽光発電の設置費用も様々な努力をして当社でも下げていきますので、ゼロエネルギー住宅を金銭的なメリットも含めてご提案していきます。

また、10年間の固定価格買取制度が終了した後のことも考えて、昼間稼働のエコキュート(高効率電気温水器)の設置を始めましたし、今後設置費用が下がる見込みの蓄電池の導入の検討と電気自動車の充電が可能な太陽光発電接続の検討も進めていますので、安心して次世代へ繋ぐゼロエネルギー住宅を選択してください。

*2013年は太陽光発電設置の補助金がありましたのでそれを勘案すれば2018年の金銭的メリットと同等になります。

 

太陽光発電パネルの雪おろし

2018/12/11 - 太陽光発電

1日中氷点下気温の真冬日では太陽光発電パネルの上に積もった雪は自然に落ちることはありません。

そこでパネルのうえの雪を降ろしました、樹脂製の雨どいを加工して長い木の棒の先に取り付けた道具を足場の上にのって降ろします。

日差しが射せばパネル表面の濃いに熱が吸収されて表面の雪が融け落ちます、真っ白の雪のままだとの熱は反射されて全く雪を融かすすことができませんのでパネルの表面を少しでも出すのがコツです。

旭川地区では12月から2月の3か月の日射量は年間の15%程なので雪を降ろさなくても年間で考えればそれほどの影響はないかもしれませんが、できる方は雪下ろしをした方がいいと思います。

15分程でできますし、雪が降った日の朝だけです。

準備は足場さえあればそれほど難しいものではありませんし、やってみたい方にはやり方をお教えします。

次回は足場についての情報をお伝えする予定です。

梯子で太陽光パネルの雪落とし

2017/01/23 - 太陽光発電

屋根の上の太陽光発電パネルに積もった雪気になりますよね。足場を組んで雪落としをするのが理想的ですが簡単なことではないのでなかなか難しいです、そこで梯子を使って試してみました。少し長めの雪落とし棒を使えば割と広範囲の雪落としが可能での屋根の場合は梯子を1回動かせば全体の雪落としが可能です、時間にして10分程度です、低温が続くといつまでも太陽光パネルの雪が落ちませんが一度落とすと晴れれば黒い面が太陽熱を吸収してすぐに雪が融け落ちます、そんなに頻繁に雪落としをする必要もありません。

パネル設置

2013/06/05 - 太陽光発電


昨日設置した架台にパネルを設置していきます、2日で大まかな工事は終了です、
後は電気工事屋さんに配線やパワコンなどの設置をしてもらいます。

南向きの大屋根なので

2013/06/04 - 太陽光発電


2011年に建てさせていただいたお宅です、南側に大屋根のあるデザインなのでかねがね太陽光発電向きだなと思っていたところ、ご要望をいただき設置工事をさせていただくことになりました。