基礎工事開始(根堀)

2020/02/20 - 2020東川ウエストヴィレッジの家

基礎工事が始まりました。

最初に基礎底部まで掘る根掘りという作業です、地盤調査で分かっていたのですが一部分で基礎底部の底に500mm厚程度の自沈層(荷重がかかると沈み込む層)があります、白っぽい粘度です、それを取り除いて砂利に置き換えます。

自沈層の下はガリガリの石の層なので十分な強度があります。

この自沈層が厚いと地盤改良杭工事が必要になりますがこの程度ならば砂利に置き換えることで丈夫な地盤になります。

 

階段の手摺

2020/02/20 - 東川町東2号の家

リビングの窓際にオープンな階段を掛けました、その手摺は転落防止目的のあるので間隔を狭くした縦格子にを入れています。

 

手摺の強化ガラス

2020/02/20 - 2019名寄の家

2階の吹き抜けの転落防止手すりは木枠に強化ガラスをいれて見通しが良いオープンスペースに仕上がりました。

 

やり方

2020/02/19 - 2020東川ウエストヴィレッジの家

今年は暖冬ですし2月も後半になると日も伸びて、日差しも強くなり日中はプラス気温の日も多くなるので基礎工事を開始します。

そこで基礎の位置を高さを正確に仮設の板に目印する「やり方」を作りました。

杭を打ってそれに水平を測るレベルを覗いて杭に1本ごとに水平の高さの印をしてから横板を打ち付けます。

 

タイルとフローリングの見切りはコーキング

2020/02/19 - 2019名寄の家

リビング等のフローリングと水回りのテラコッタタイル床では乾燥収縮などの差があるのでタイル目地ではひび割れてしまうので伸び縮みするコーキングで見切ります。

*名寄の家は完成見学会は行いません。