エコキュート温水器の扉

2020/10/15 - 2020田園の家

階段の下空間にエコキュート(高効率電気温水器)を設置してその点検用の扉を開き戸2枚で計画していましたが扉の位置を変えてケンドン式として壁のような扉にして棚兼用の取ってが付きました。

ケンドン式とは溝に上げて降ろしてはめ込む板で、外すときには板ごと外れますが、普段は動かないので壁のようで安定しています。

やり方

2020/10/14 - 2021旭岡の家

来春からの工事を予定しているお宅ですが基礎工事は秋のうちに施工しておきます。

旭岡は特に雪深いので早く基礎を完成させておきたいところです。

エコキュート室外機の木製カバー

2020/10/14 - 2020田園の家

東川町では景観条例で室外機やタンクには木製カバーを付けることが義務付けられていますのでエコキュートの室外機に外壁材と同じ唐松材でカバーを付けます。勝手口の階段は左官仕上げしてもらいます。

 

間仕切り壁下地

2020/10/14 - 沼田町の家

室内の間仕切り壁の下地も進んでいます。

構造的に強化する場所には筋交い入ります。

唐松外壁1枚目

2020/10/13 - 沼田町の家

1階のモルタル外壁下塗りができて2階のカラマツ板外壁も進めています。

縦張りなので下地材は横向きになりますが横下地では下から上に通気出来ないのですがカラマツ板を隙間を空けて張ることで通気層を確保しています。

一番下には虫などが入り込まないように黒いイーブスベンツという蜂の巣状になった通気専用部材を板の隙間の間に入れています。