ウッドデッキ Wood deck

2018/12/05 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

ウッドデッキの板は35mmと厚手のカラマツ板です、壁が厚くてウッドデッキ側に張り出してきているのでその分ウッドデッキも柱の外側に伸ばして広さを確保しています。

The wood deck board is 35 mm thick and thick larch plate, because the wall is thick and it has protruded to the wood deck side, the wood deck also extends to the outside of the pillar to ensure the size

 

グレーの着色

2018/12/04 - 2018東川グレースヴィレッジの家

カラマツ外壁に当社オリジナル配合の自然な色合いのグレー塗装2回目を塗って色がしっかりとついてきました。

市販品のグレー色はとても無機質な感じになってしまい、自然素材との相性が悪いように思います。。

 

 

カラマツ外壁2枚目 2nd outer wall of larch

2018/12/04 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

カラマツ外壁の2枚目です、1枚目の隙間を覆い隠すように2枚目を張ります。

12月としてはとても暖かいので作業が順調に進んでいます。

It is the second piece of the larch wall, covering the gap of the first piece.

Work is progressing smoothly in December as it is very warm.

 

カラマツ外壁2回目の塗装

2018/12/03 - 2018東川グレースヴィレッジの家

外壁のカラマツ板は施工する前に1回目の塗装をしておきましたが2回目は壁はる施工が完了してから塗ります。

2回塗ることで色もしっかりついて耐久性も増します、元々グレーの色合いなので数年後に色が落ちてきても板の経年変化の色と似ているので再塗装は特段必要ないものと思っています。

 

気密郵便受け Air-tight mailbox

2018/12/03 - 2018東川田園の家 Higashikawa Rural House

郵便受けに新聞などが入った状態だと外気がどんどん室内に入ってしまいます、それが氷点下20度以下いもなる真冬だと室温もどんどん下がってしまいます。ですから屋外に郵便受けBOXを設置する方も多いのですが、寒い冬の朝に新聞を取り出だしに行くのは億劫なものです。

そこで気密郵便受けです、室内側にBOXを作り小さな気密ドアを造りそれをあけてから新聞や郵便物を取り出します、屋外側はステンレス製のデザインの良い受け口です。

When newspapers etc are in the mailbox, the outside air goes into the room steadily more rapidly, when it is in the middle of winter when it is below freezing temperatures, the room temperature also goes down rapidly. So there are many people who set up a mailbox BOX outdoors, but going to take out the newspaper in the cold winter morning is a big deal.

So there is an airtight mailbox, making BOX on the inside of the room, making a small airtight door, opening it and taking out newspaper and mail items, the outdoor side is a good reception for stainless steel design.