気密測定をしました

2019/10/16 - 東川 大改装の家

お引渡しの際にできなかった気密測定をさせていただきました。

結果は0.4cm2/m2です、これは床面積1平方メートル当たりの壁や床、天井等すべての隙間が0.4平方センチメートルということです。

気密測定の数値はC値といいす、2以下であれば高気密といいます、1以下で十分な高気密、0.5以下ならば大変良い気密性能という感じです。
リノベーションで0.4は申し分ない結果だと思います、新築同様ということです。
断熱性能は計算値で分かりますが、気密性能は実測しないと分かりません。今日オーナー様に聞いた話ではこの秋氷点下も観測しましたが、まだ暖房していないそうです、それでも室温は20℃以下にはなっていないとのことです、気密性能も測定の前に実感として性能の高さを感じていただいていたのだと思います。

見学会ご参加ありがとうございました。

2019/07/20 - 東川 大改装の家

今回も沢山の皆さまに完成見学会ご参加頂きありがとうございました、またオーナー様にもお手伝いいただき生の声をお聞かせ頂きました、重ねてありがとうございました。

太陽光発電でゼロエネルギー住宅

2019/07/19 - 東川 大改装の家

どんなに高断熱のエネルギー消費を抑えた家を建ててもエネルギーをゼロにすることは不可能です。

少ないエネルギーで暮らせる家の性能と共にエネルギーを創る太陽光発電が必要です。

今回は7.6KWの太陽光発電設備を設置して年間に7,254KWHの電力を創る計算です、冬の発電量は日射量に対して半分程の計算として雪の影響も加味しています。この発電した電気は自家消費と北海道電力への売電で6~7年で設備設置費用を回収できるほどの金銭的なメリットもあり光熱費ゼロの家とも言うことができます。

北海道電力への売電価格は10年間固定の契約です、その契約金額は年々安くなっていますがその分太陽光発電の設備も安くなってきているのでその分で太陽光発電設備を大きくすることができて年間の売電総額は以前と変わりません。

快適なだけでなくエネルギーを自給(光熱費ゼロ)の家がこれから求められる家の性能です。

*完成見学会は7月20日(土曜日)です。

 

 

羨ましい子供部屋

2019/07/18 - 東川 大改装の家

土曜日に完成見学会のリノベーション住宅、見所は沢山ありますがその一つが2階の子供部屋です、西側の田園風景と東側の大雪山系の景色と2つの子供部屋は間取りは同じですが窓からの贅沢な風景は羨ましい限りです。

ロフトも付いていて子供ごごろだけでなく大人の心もワクワクさせてくれます。

*完成見学会は7月20日(土曜日)です。

 

網戸・断熱ブラインド

2019/07/17 - 東川 大改装の家

窓い取り付ける網戸と断熱ブラインドは美装が終わってからの作業となるので今日行いましいた。

断熱ブラインドは冬場に窓からの冷気を抑えるのは勿論ですが夏に暑い日差しを室内に入れない為にも非常に役にたちます。

たとえトリプルガラスの超高性能サッシでも窓は壁の1/10程度の断熱性能しかありませんので、窓を小さくした方が室温は一定に保てますがそれでは味気ない家になってしまいますので大きな窓を沢山付けた眺め良くて、冬は暖かな日差しが入り込んで、夏には涼しく過ごせつ家にしたいという、難しい課題を解消してくれる大きな要素としてこのハニカムサーモ断熱ブラインドがあります。

土曜日の見学会では涼しさを体験していただきたいです。

 

*完成見学会は7月20日(土曜日)10時~17時です。