間取りを学ぶ

2019/04/22 - 藤井工務店のシゴト

新住協2日目は小さな家の間取りプランについて考えるセミナーです。

不動産バブルのニセコで小さな家を考えるのも面白いものです、常識は時と共に変わり、それは技術的な事も間取りプランやデザインもそうですので常に新鮮な刺激は大切ですね。

新住協ニセコ例会

2019/04/21 - 藤井工務店のシゴト

新住協のニセコでの研修会に日曜日ですが参加しています。

地形を生かした住宅や有名建築家の隈研吾設計の建物も参考にはなりますが、やはり実際に宿泊して見たいものです、今回はホテル泊ですが次回来る時には1棟貸し住宅に宿泊して生活実感を体験したいと思います、オフシーズンが夏なのも良いところです。

北海道に居ながら欧米のリゾート体験が夏に割安に利用できるのですから。

明日はセミナーです。

アース21 リノベーションの講演

2019/04/11 - 藤井工務店のシゴト

アース21の2日目も講演があります、今日はリノベーション専門会社さんの話です。

当社でも年に1棟程度リノベーション工事を行っていますがこれからますます求められる仕事であると思います。

新築に比べ手間も技術力も想像力も格段に高く求められるリノベーション工事は難しいところもありますが更なる勉強をして時代に求められる仕事をしていきたいと思います。

表面だけを綺麗に取り繕う模様替えや設備機器の入れ替えのリフォームではなく、古い家の見えないところまでしっかりと耐震、断熱改修をして新築同様の快適で安全な家に大改装する工事をリノベーションといいます。

アース21札幌にて床断熱を考える

2019/04/10 - 藤井工務店のシゴト

アース21の札幌総会に今まで不仲だった新住協の鎌田先生が講演をしてくれた、なんとも嬉しい話しです。今回は最新の研究内容も交え濃い内容でした、特に今まで当たり前だった基礎断熱をあえて床断熱にする事でのコスト削減とそのデメリットの解消方法には今後の当社の仕様変更の可能性も含めてじっくり考える内容でした。

近くの樹を使う

2019/03/08 - 2019キトウシの家,藤井工務店のシゴト

外壁材に使う唐松の板を現場に搬入してもらっていると、木材屋さんが「この木はその山の裏側で切ったものだ」とのこと。美瑛町の製材所なので近隣地域の木をいつも使っていますが、まさかこんなに近い木だとは驚きました。その地域で育った木で建てた家は長持ちするといいます、木が育った気候と同じからです。近くの樹を使った家づくり、気持ちいいですね。