タイベックシート

2006/10/24 - 東光の家


外壁下地のうえに防水、透湿、防風の3つの機能を持った、タイベックシートを張ります。これは世界的な科学メーカーのデュポン社が開発した画期的な高機能シートで住宅の耐久性や気密性を向上させることになりました。家の中から壁に進入してしまった水蒸気を速やかに外に逃がしながら、外からの水は壁に染み込ませないのですから、柱などが腐りにくくなり、隙間風もある程度遮断してくれます。

筋交い

2006/10/23 - 東光の家


車庫部分は壁がないので柱に同じ太さの筋交いをクロスさせて入れます。こちらを向いているのは私の師匠のカシクボダイクさんです。ちなみに写真を撮るのが私なので、まず私自身が登場することはないと思います。

ヒトゴミ

2006/10/22 - 子供と


人の多いところは苦手なので、なるべく旭山動物園も繁忙期を避けてと思い出かけたのですが、アラレ交じりの雨の寒さで渋谷並のヒトゴミに包まれてしまいました。

外壁下地(南側)

2006/10/21 - 東光の家


昨日は北と東面を仕上げました、今日は西と南側です。1階部分のOSBはさほど重くはないのですが、2階のダイライトは厚みもあり重量は1枚あたり40キロぐらいあるので、握力がなくなってきてしましたがほぼ張り終えることができました。

外壁下地(面材)

2006/10/20 - 東光の家


外壁のいちばん始めの下地は面状の板を張ります。1階にはOSBという、木材の破片をかためて作ったものを、2階にはダイライトという、無機質のものを張ります。どちらも筋交の役目をして、家の強度を造ります。2階のダイライトは防火の役割も担ってくれるので、外壁に唐松を張るのには欠かせません。