基礎 埋め戻し前

2019/09/14 - 2019名寄の家

布基礎の型枠が外れて埋め戻す前の状態です。

区画から床下を移動する際通る人通口も計画的に配置しています、排水管などの太い配管を通す為にスリーブも必要箇所に埋め込んでいます。

土台と基礎を留めるアンカーボルトと角にはより強力に柱と基礎を固定するホールダウン金物という太いボルトも埋め込んであります。

 

型枠の解体

2019/09/11 - 2019名寄の家

基礎の立ち上がり部分の型枠ができて先週生コン打設も行ってコンクリートの硬化したので中間仕切り基礎の木型枠の解体です。

断熱型枠部分も鋼管などの締め具を外します。

 

基礎の型枠

2019/09/05 - 2019名寄の家

基礎底部のベース部分のコンクリート打設が完了して、基礎の立ち上がり部分(布基礎)の型枠を組んでいます。

基礎断熱工法なので外周部分は型枠自体が断熱材です、外側に150mm厚、内側に50mm厚の打熱材を使います。

 

鉄筋検査

2019/08/30 - 2019名寄の家

基礎は鉄筋コンクリート造ですが、その構造強度は鉄筋によるものが大きいのです、勿論コンクリート自体の強度も大切ですが適切な太さの鉄筋が必要な本数と間隔で組まれることが構造強度に大きくかかわります。

そこで瑕疵担保保険(10年間の構造保証)会社による2回の施工中の検査のうちの1回目が基礎コンクリート打設前の鉄筋検査となります。

 

基礎工事始まりました

2019/08/26 - 2019名寄の家

基礎工事が始まりました、初めに先日行った地盤改良の杭を適切な長さでカットして基礎の底面に合わせます。

基礎を掘る根堀作業をして基礎底面は土を砂利に置き換えて良く転圧して地盤を整えます。

車庫部分は住宅の基礎とは形状は違いますが床面を全て砂利に置き換えて道路からある程度高くして雪解け水が車庫内部に入り込まないように傾斜をつけておきます。

 

12