木部オイル塗装1階

2018/04/13 - 2018神居の家

2階の内装仕上げが大体終わり大工さんがいなくなった1階に降りてきました、まずは壁のパテと木部の天然オイル塗装です。

*完成見学会は5月19日(土曜日)です。

唐松外壁のウッドトリートメント塗布

2018/04/12 - 2018神楽の家

外壁のカラマツ板に自然防腐剤のウッドトリートメントを塗布しています、今回は全て縦張りです、100mm幅の板を重ね合わせます。

外壁1階東面

2018/04/12 - 2018神居の家

外壁のカラマツ板はりが進んでいます、大工さん2人は均等な重ね巾いなるようにお手製の治具を使って東面と西面に分かれて進めています。

スーパー工務店とは

2018/04/11 - 藤井工務店のシゴト

アース21総会の2日目は「建築知識 ビルダーズ」という東京発の業界雑誌編集長の講演で、スーパー工務店とは という話でした。

ここで言う スーパー工務店 とは規模の大きな工務店ということではなく、地域で圧倒的な人気の設計力や施工力、先進性、技術力を持った地場工務店のことで全国にはいくつもそのような工務店が存在して私も視察に行かせてもたっら会社があります。

とかく北海道の工務店は断熱と気密性能だけが全てのようなところがあってそれ以外をおろそかにしがちですが、全国のスーパー工務店の美しい姿の家、合理的な納まりの内装などを学び続けることが北海道の住宅をより良くしていく為に必要だと感じます。

勿論これは高次元の断熱気密性能が当然確保されていてのことです。

 

 

唐松板外壁1

2018/04/11 - 2018神居の家

外壁は北海道産の唐松板です、今回は1階を横張りにし、2階は縦張りでアクセントをつけた張り方です。

唐松は節がほとんど抜けることが無く、脂分が多く耐久性があり硬さもあって外壁に適しています、欠点である捻じれやすい特性は釘の留め付け力で抑え込んでいるので問題にはなりません、なによりも唐松の美しい木目が魅力的な外観になります。

*完成見学会は5月19日(土曜日)です。